なでしこカップ10節:ベガルタ仙台レディース0-0浦和L、あと一歩、予選敗退

2019なでしこリーグカップ1部 Bグループ 第10節 7月14日(日)17:00 マイナビベガルタ仙台レディース0-0浦和レッズレディース 浦和駒場


浜田 有町
  (瑞夏)
井上   安本
    (小野)
隅田 三橋
  (坂井)
万屋 市瀬 北原 奥川

齋藤

サブは、池尻、坂井、奈良、田原、佐藤瑞夏、小野、武田。浦和Lは、FW高橋はな、吉良、MF水谷、安藤、柴田、栗島、DF佐々木繭、南、長船、清家、GK松本。菅澤はベンチスタート。

ベガルタ仙台レディースは、白木、樫本が欠場。代わって有町と三橋がスタメン。立ち上がりから、浦和Lに両サイドをえぐられ、防戦一方。しかし、市瀬を中心に粘り強く守り、シュートはコース限定でキーパー正面に。15分過ぎから、ベガルタもカウンターでチャンスを作れるようになるが、ラストパスの精度を欠く。

後半から、三橋に代え、坂井を入れCBに、市瀬をボランチとして、幾つかチャンスを作るが、シュートチャンスに、長船、南が立ち塞がり、完全にフリーでは、シュートを打たせて貰えず。終盤、浦和Lは菅澤を投入、ドローでもいい有利さ活かして、時間を使われた。

前半。
浦和Lは菅澤を温存。1分、万屋から有町へのロングボールは、もう一歩。2分、浦和のクロスをしのいでカウンター、隅田ドリブルも、潰される。3分、ベガルタが左サイドでキープ、最後浜田はオフサイド。4分、浦和Lが回す。5分、浦和Lが縦のスルーパス、市瀬がクリア。6分、浦和Lが、中央ドリブルから、右サイドからのクロス、これで左コーナーを与える。ヘッド打たれるがクリア。さらにこぼれをヘッドされるも、キーパー

8分、浦和L左からシュート性のクロス、キーパー。10分、ベガルタハーフ付近45mのフリーキック、万屋が蹴るがオフサイド。11分、浦和Lのロングボール、流れる。13分、左から浦和Lのクロス、キーパー。14分、ベガルタ縦にワンツーでつなぎ、最後は井上のクロス、中央合わない。が、さらにつなぐ。ゴール前に上がった三橋が、回りこんでのシュート、バーの上。ようやくベガルタのシュート。

15分、浜田からパスを受けた安本が、ドリブルでエリア内侵入、角度ないので、降り返しの横パスは、浜田の前を通過。決定的。16分、今度は浦和Lが速攻、左サイドをドリブルし侵入、シュートはキーパ正面。17分、浜田が左サイドをドリブル前進からの、クロス、安本もう一歩。18分、ベガルタが回して、万屋のクロスはキーパー。さらに、隅田が左からのクロス、浜田につながるが、キープできず。

20分、ベガルタが中盤でのボールを奪い、ボールをつなぎ、浜田が右からのクロスに、有町ヘッドも枠外。22分、中央で有町がパスカット、浜田へのパスはつながらず。24分、ボールの蹴りあい。26分、浦和Lが左サイドでキープからのシュート、キーパー正面。28分、ベガルタエリア中央やや左で、浦和Lのフリーキック。直接狙ってくるが、キーパー正面

29分、浦和Lが侵入、倒してしまうがこれはノーファール。31分、三橋にイエロー。ベガルタエリア右奥30mで浦和Lのフリーキック。これはクリア。32分、浦和Lが回す。34分、浦和が依然回すが、ラストパスはつながらない。35分、ベガルタ久々攻め上がり、万屋のクロス、クリアされる。36分、ベガルタの右から攻め込まれ、シュート打たれる。左コーナーを与える。このキックはGK斎藤キャッチ

38分、万屋のパスはブロックされ、逆に攻められて左コーナーを与える。フリーでヘッド許すがこれもキーパー正面。39分、中央市瀬が飛び出してパスカット。ベガルタ回すがカットされる。42分、ベガルタ、マイボールでも、蹴るタイミングが遅れるところをカットされる。43分、浦和Lが回して、最後はミドルシュート、枠外。これが触っていたか、左コーナーを与える。キックは流れる。

さらに浦和Lつないで、放り込みから高橋のシュート、クリア。これで左コーナーを与える。ここはヘッドでクリア。追加時間は1分。浦和Lのスルーパス、流れる。前半、浦和に攻め続けられるが、シュートはキーパー正面を突く。ベガルタも中盤でチャンスがあったが、パスの精度いまいち、シュートが枠に行かずで決められず。スコアレスで終了。

後半。
ベガルタは、ボランチの三橋に代え坂井を入れる。坂井がCBに入り、市瀬がボランチに上がる。1分、ベガルタのパスをカットされ、侵入されるがオフサイド。3分、ベガルタがワンタッチでボールをつなぎ、最後は隅田が裏の浜田にパスを出すが、もう一歩。さらに、安本から右の浜田へパス。浜田のクロスに、ファーサイド有町?ヘッドは打てず。

4分、市瀬が上がってチャージ、しかしボールを取り切れない。その後、市瀬から右の浜田。クロスに中央合わず。こぼれを隅田から万屋のクロス、これも合わない。5分、浦和Lのカウンター、パスミスで終わる。6分、浦和Lエリア中央やや右30mのフリーキック。8分、こぼれ球が浦和Lゴール前、ベガルタ人数いるが、押し込めず。この間キーパーが倒れ、中断。

10分、再開。13分、ベがルタのカウンター、有町から井上がドリブルからパス、中央安本、左でフリーの浜田へパス、シュートはキーパ正面。決定的。14分、ベガルタエリア中央35mで浦和Lのフリーキック。クリアからベガルタのカウンター。回して、万屋のクロス、浜田ヘッドは枠外。16分、浦和Lに右からえぐられが、クリア。

17分、浦和Lの左コーナー。つながれてヘッド打たれるが枠外。19分、浦和Lに回され、右コーナーを与える。クリアのこぼれを左からシュートされるが、枠外。23分、ベガルタの左サイドでキープされ、コーナーを与える。中央からフリーでどんぴしゃヘッド打たれるが、枠外。決定的。助かった。25分、右サイドから浦和Lの攻め、コーナーを与える。クリア。そのあと、ベガルタがカウンター、井上が上がり、中央へのスルーパス、抜け出した浜田フリーも、キーパーが飛び出てクリア

26分、有町に代わり佐藤瑞夏が入る。井上がFWに上がる。30分、右サイドを攻めるが、交錯。安本倒れるが立ち上がる。33分、ベガルタが上がってクロス、こぼれ球をダイレクトで井上シュートも、枠外。34分、ベガルタ、ハーフ付近からのフリーキック。クリアされる。35分、浦和Lは水谷に代え、菅澤を入れる。

その後、井上から浜田へのパスはオフサイド。37分、浦和Lの清家にイエロー。左奥40mでフリーキック。こぼれ球を市瀬がミドルシュート、枠外。39分、瑞夏から万屋、ドリブル侵入、高速クロスに、浜田がヘッドで合わせるが、寄せられ枠外。惜しかった。41分、ベガルタ、ワンタッチパスで上がっていくが、ペナ前で取られる。その後、瑞夏から万屋のクロスに浜田のヘッド、合わず。42分、安本に代え小野を入れる。小野が左、瑞夏は右へ。坂井も上がってパワープレー。

43分、浦和Lがドリブル前進、キープに入る。左コーナーを与える。クリア。44分、小野がキープしてクロス。左コーナーを得る。追加時間に入る。ここは瑞夏が蹴る。クリアされ2本目。キーパーがパンチング、また右コーナーを得る。AT2分、これも瑞夏が蹴る。今後はキーパーのキャッチされる。4分、ベガルタ中盤でパスカットからつなぎ、最後、左サイドから小野のシュート、キーパー弾くところ、詰めたのは井上?のシュートはポスト!跳ね返りも押し込めず。ここでキーパーが倒れる。ゴールキックで再開、笛。

結局、スコアレスドロー。勝利が必須だった、逆転での準決勝進出はならず。

相手コーナー10本をなんとか凌いだ。前半は浦和Lの猛攻をしのぎ、後半、メンバーを代えてチャンスもあったが、浦和Lの守備も堅かった。浦和Lの寄せの速さに、マイボールを、すぐにつなげない厳しさはあったが、攻撃力のある相手に、無失点ドロー。

カップ戦ここ3試合で、2勝1分けと、8月31日からのリーグ戦再開に向けて、地固めはできた。

怪我人も戻ってきており、あとは、中断期間中に、パスピードのアップと、プレーの精度を上げて、逆襲に転じて貰いたい。
この試合では、瑞夏がだんだんフィットしてきて、パス出しやコーナーキックでもチャンスを作ってきた。リーグ戦に向けて、さらに連携を深めて貰いたい。


シュート数:7-9 CK:3-10 FK:5-11 得点:なし  警告:三橋 (浦和L)清家  主審:高橋早織 入場:984人

この試合も、ネット動画中継があります。