なでしこ17節:ベガルタ仙台レディース1-2浦和L、2点リード許すも、有町がメモリアルゴール

2020なでしこ1部 17節 11月14日(土)13:00 マイナビベガルタ仙台レディース1-2浦和レッズレディース ユアスタ仙台

今季リーグ戦は残り2節、この試合が今季ホーム最終戦。


白木 浜田 
(楓)  
池尻茉由 瑞夏
(井上)(小野)
隅田 福田
(有町) 
万屋 北原 國武 奥川
     (坂井)
松本

サブは、齋藤、坂井、佐藤楓、安本、小野、井上、有町。

浦和LはGK池田、DF清家、長船、南、MF佐々木繭、粟島、柴田、水谷、塩越、猶本、FW安藤。大熊、上村、高橋はなは、ベンチスタート。怪我との事で菅澤は欠場。

立ち上がりから浦和Lのボール回しに、クリアのみの戦いになり苦戦。9分、左サイド安藤に引っ張られたところで、2列目の塩越に、左サイドでフリーとなられ失点。

ベガルタ仙台レディースの攻撃では、このところの試合で見せた連動を出す前に、相手のプレスに苦戦。

後半にも、高橋はなのドリブルからの、ひとりカウンターに千切られ、追加点を許す。

後半は、浜田にも一度フリーのチャンスがあったが枠外。このまま完封されるかと思われたが、終盤出場の有町が、坂井からのパスを、ダイレクトに決め、1点返し、引退セレモニーに花を添えた。

以下経過。

この試合、中継動画時間表示がされなかったので、時間はかなりアバウトですw

前半。
1分、ベガルタ仙台レディースが、右奥45mのフリーキックを得る。キッカーは佐藤瑞夏。浜田が頭で合わせるが枠外。

4分、浦和Lが後ろで回す。

6分、ベガルタの左サイド浦和Lがキープするが、クリア。

7分、浦和Lの安藤が左からのシュート、GK松本触ってクリア。
さらに、左からクロスを入れられるが、松本キャッチ。

9分、DF清家がドリブルで持ち上がりキープ、万屋がかわされ、安藤から、左の塩越がシュート、決められ0-1。
上位相手では、ベガルタは、前半の対応が遅れ気味になるが、この試合でも速い時間の失点。

11分、隅田から裏の白木へのパスは、オフサイド。

12分、白木がパスカットも、右へのパスは流れる。

13分、ベガルタの40mフリーキックの後、浦和Lのカウンター。水谷から猶本へのパスは流れる。

16分、浦和Lが回して、裏に出して来るが、キーパー。

さらに浦和Lが回し続ける。ベガルタは、なかなかボールを取れない。

20分、縦のスルーパスに、白木、もう一歩。

21分、浜田のポストプレーから、福田が右の奥川に振るが、クロスは出せず。

23分、浦和Lの左コーナー。キッカーは猶本。こぼれを安藤にシュート打たれるが、枠外

<<飲水タイム>>

25分、ワンツーで福田がボックス内侵入も、パス合わず。

28分、ベガルタが押しこむがシュートは打てず。

29分、浦和Lのロングボールから、安藤がシュート、これはブロック。
右コーナーを与える。猶本のキックはクリア。

30分、左から浦和Lのクロス、ファールで終了。

31分、浦和L安藤のポストプレーから、佐々木繭が上がってのクロス、安藤のシュートは枠外

32分、万屋から茉由へのクロス、ライン割る。

33分、浦和Lのカウンター、ここは万屋がクリア。

34分、浦和Lが回して、最後は佐々木繭がシュート、キーパー正面。

35分、奥川から隅田。隅田が右サイド上ってのクロス。ニアに白木が飛び込むが、シュートは、サイドネット

36分、浦和Lが右サイドを攻め、右コーナー。これをしのいでベガルタのカウンター。

茉由からのパスに白木倒され、左ライン側、ボックス横で30mのフリーキックを得る。

37分、瑞夏のキックはキーパー直。

39分、万屋からパスを受けた白木?が左足のミドルシュート、バーの上。

その後浦和Lがボールをキープ。ベガルタなかなか寄せ切れない。

43分、浦和Lのキャプテン柴田が接触、顔面強打か、一時ピッチ外
しかし、すぐ戻る。

追加時間は1分間。結局試合はそのまま、前半は浦和の攻勢に振り回され0-1で終了。


後半。
ベガルタは奥川に代え坂井を入れ、そのまま右SB。

3分、ベガルタのカウンター、パスが流れる。

5分、隅田から浜田、その後つながらない。

8分、茉由が蹴った後、足首ひねったか、ピッチ外で、X印出てしまう。ベガルタ10人。

浦和Lの右からのクロスはキーパー。

9分、ベガルタゴール右奥30mで、浦和Lのフリーキック。ここで柴田が動けず、担架でピッチ外へ。

10分、ベガルタ、茉由に代え井上を入れる。

12分、左から井上のクロス、浜田にはもう一歩。

13分、ピッチ外に出ていた柴田が、足首もやったか、×印でる。

14分、ベガルタが左コーナー。キッカーは佐藤瑞夏。ここで、浦和Lは柴田に代え遠藤を入れる。
コーナーから坂井はシュート空振り、こぼれを万屋がクロス、キーパー。

16分、左から万屋がボックス内侵入、当てて左コーナー取る。北原、白木、ハンドで終了。

18分、浦和Lが左ライン際、ボックス横でフリーキック。楢本シュートは枠外。
この後、浦和Lは、栗島に代え高橋はなを入れる。

22分、万屋から井上、ドリブルからのクロス、キーパー。

23分、右サイドでカウンターを仕掛けるが、パスは出せず。

<<飲水タイム>>

28分、浦和Lに回され、左からのクロスに高橋のシュート、キーパー正面

29分、隅田飛び出してパスカットから、パス出しも、ミス。

30分、浜田から井上、最後は隅田、シュートは打てず。

32分、隅田がワンタッチで裏へのパス、浜田がフリー、ドリブルからシュート狙うが、枠外。決定的

33分、浦和L清家からのパスを受けた高橋はながドリブルで前進、そのままDFかわしてシュート、決められ0-2。ずるずる下がってしまった。

追加点を奪われたベガルタ、その前から用意してた、瑞夏に代え小野、隅田に代え有町を入れる。白木が右サイド、有町が2トップ、小野がボランチに回る。

33分、浦和Lにボールを回され、最後は清家のシュート、キーパー正面。

さらに遠藤のシュート、これもキーパー正面。

この辺り、押されてベガルタは、前にボールが送れない。

36分、浦和Lは、猶本に代え加藤、清家に代え植村を入れる。

37分、浦和Lが左からの攻め。塩越のクロスから、右でフリーの佐々木繭、シュートは枠外

39分、ゴールキックのこぼれ、坂井がシュート、バーの上。

40分、浦和Lのカウンター、侵入許すがクリア。

41分、浦和Lの右コーナー。ここで白木にかえ佐藤楓を入れる。浦和Lのシュートは枠外。

42分、浦和Lがゆっくり回す。

43分、ベガルタ自陣小野からつないで、坂井が右からのロングボール、2バンの落ち際を有町がダイレクト左足でシュート、これが決まって1-2

1点返す。それにしても、背後からのボールを一発で決める、ストライカー有町。889トリオで1点返した。

その後、福田から浜田へのパスは、オフサイド。さらに坂井が飛び出して、裏の楓にパスを出すが、もう一歩。

追加時間。
自陣からのフリーキックは福田が蹴る。さらに右コーナーを得る。キッカーは福田。これはキーパーがキャッチ。

最後は左から浜田のクロス、福田は追いつけない。

結局は反撃は有町のリーグ通算50ゴール、1点のみ。

チャンピオン相手に、パス回しをなかなか阻止できず、流れが作れず、決定機は少なかった。

有町の維持の一発はあったが、ジェフ千葉Lが勝利したので、7位に順位を落とす。

最終戦での勝利から、複数点で6位復活を目指すのみ。

気になるのは、怪我をした池尻茉由、浦和Lの柴田選手の状態。あまり重くなくて、皇后杯までに復活できるのならいいが。両選手とも足首のようで、心配である。

リーグ戦のホーム最終戦であるが、皇后杯で勝ち上がれば、再びユアスタで試合が可能。

シュート数: 8-11 CK: 3-4 FK: 9-15  得点:有町紗央里  (浦和L)塩越、高橋はな  警告:なし  主審:手代木直美  入場:1,121人


尚、ホーム最終戦とあって、先着1000名にオリジナルネックウォーマーのプレゼント、男性音楽グループ『SOLIDEMO』のミニミニライブ、各種グッズのセール、有町、小野選手に加えて田原のぞみ元選手(現スクールコーチ)の引退セレモニーホーム最終戦セレモニー(市長、社長、監督、隅田主将の挨拶など)が行われた。

また、試合の模様は、なでしこ公式チャンネルで実況中継が配信されています。