なでしこ13節:ベガルタ仙台レディース2-0愛媛FCL、連動高まり、浜田2ゴールで3連続完封勝利

2020なでしこ1部 13節 10月4日(日)13:00 マイナビベガルタ仙台レディース2-0愛媛FCレディース 愛媛県総合運動公園球技場


白木 浜田
(楓)  
瑞夏  安本
   (船木)
福田 市瀬
(小野)   
万屋 北原 國武 奥川
 
齋藤

サブは、松木、坂井、佐藤楓、小野、船木。

愛媛FCLは、GK佐喜眞、DF向谷、鎌田、佐藤比香理、呉屋、MF松本、山口、藤根、筬島、FW上野、阿久根。

キーパーからつないでくる愛媛FCLに対し、徐々にハイプレスでミスを誘うベガルタ。
時折右サイドをスピードのある山口に狙われるが、しのぐ。

前半10分、右サイドでゴールキックから、安本、奥川、市瀬とワンタッチでつなぎ、最後は安本が、ドリブル前進からのクロス、ファーからDFを振り切って、浜田が、中央でフリックヘッド、決まって先制。幸先のいいゴール。

さらに左右の展開から、攻撃するが、決めきれず。32分、右サイドの奥川のロングボールに、DFの間を抜け出した浜田が、出て来るキーパーの頭上を、ループ気味に決めて、2-0。前半で、マルチ得点。

後半は、メンバーを変えながら、ベガルタエリア内で、ボールをつなぐ愛媛FCLに、手を焼いたが、なんとかシュートコースはふさぐ。

終盤は、ベガルタは、次第にコースを読んで、パスカットなどで、カウンターから、相手ゴール前に、攻め入るが、追加点は奪えず。

結局、無失点に抑え、3試合完封で3連勝。浜田は通算8得点。

この試合でも、FW白木が、体を張ったプレーで、ポスト役になったり、自陣に戻っての守備で、浜田の負担を減らし、2ゴールを導いた。

また、奥川のスルーパスが何本も決まり、ワンタッチパスをつないで、安本や万屋がフリーのチャンス。あと2-3点は、取れてた感じである。

チーム3連勝で、固定スタメンが可能になり、調子が上がっている。さらに、後半の守備などを再点検して、上位陣に挑みたい。

以下経過。

やや強い風が吹く愛媛県総合運動公園球技場。

前半は、マイナビベガルタ仙台レディースが、風上。

前半。
ベガルタ仙台レディースは、3試合スタメンが同じ。愛媛は、プレスを受けても、自陣からつないでいくスタイル。

1-2分は、右サイドでの競り合い。次第にベガルタがリズムを掴む。

3分、奥川から浜田へのパスは通らず。しかし、この試合では徐々に、この二人の間のパスが通るようになる。

5分、右サイドで白木がキープから、安本がクロス、浜田のヘッドは、バー。

6分、浜田が、福田とのワンツーから裏に抜けるが、もう一歩。さらにゴール前で回し、白木の左足クロスでコーナーを得る。

7分、左コーナー、佐藤瑞夏が蹴る。クリアされるが、こぼれを万屋がクロス、浜田のバックヘッド、オフサイド。

9分、愛媛が回し、筬島のシュート、枠外。

10分、齋藤のゴールキックから、右サイド奥川、市瀬、安本とつなぎ、ドリブルからのクロス、浜田が、ファーからDFを振り切り、フリックヘッド、決まって先制、1-0!
GKからの流れる展開から、決め切った。連敗中の相手に先制パンチ。

11分、奥川かわされ、愛媛の山口にクロスされるが、流れる。

12分、ワンツーから裏の浜田、通らず。

14分、白木がDFにチャージ、さらに攻められると、戻って守備。

15分、右サイドで、浜田が反転からのミドルシュート、枠外。

16分、パスカットされるが、山口のクロスは流れる。
その後、白木のパスかット、浜田がサイドチェンジで安本へ、これはオフサイド。

19分、左サイドでパスをつなぐが、愛媛のカウンターを受ける。しかし、押し戻す。

20分、左から右へと展開、安本のクロスで、コーナーを得る。

21分、右コーナー、瑞夏のキック。こぼれを回して、再び瑞夏のクロス、浜田のヘッドはゴール天井。

<<飲水タイム>>

26分、奥川から安本、クロスに浜田のヘッド、またゴール天井。

28分、ワンタッチでつないで、安本のパスを浜田が落とし、市瀬が左足シュート、枠外

29分、愛媛のカウンター、上野が侵入もクリア。愛媛が右コーナー。ファールで終了。

32分、奥川のロングボールに、裏に抜けた浜田が、飛び出たキーパーの、頭上を越えるループを落ち着いて決め、2点目、2-0

前半でマルチなリード。これで楽になった。

35分、愛媛が右から左へと回し、裏へフリーで抜け出た松本、シュートはキーパー正面。危なかった。

37分、ベガルタが回し、福田カットイン、さらに回し、右コーナーを得る。
瑞夏のキックに、北原ヘッド、枠外。

その後42分まで、競り合いも、互いにシュート無し。

43分、瑞夏から左の浜田、右サイドのスペースに出すと、安本フリー、シュートはクリアされる

これで、右コーナー。瑞夏のキックは決まらず。

44分、愛媛DFのキックを浜田がチャージ、スローインとする。

追加時間は2分間。
愛媛が回す。
1分、万屋がパスカットするもつながらない。そのあともベガルタがプレスしてスローインとする。

前半は、完全にベガルタペース、浜田の2ゴールで、2-0とリードで終了。

後半。
ベガルタ仙台レディースは風下。
愛媛は、DF鎌田に代えMF西川、MF藤根に代えFW大矢を入れる。

1分、愛媛が右サイドでキープ、さらに右から左と展開するが、押し戻す。

2分、愛媛、また右サイドで回すが、白木が戻って守備。クリア。

3分、ようやくベガルタが回して、白木から浜田、反転シュートもヒットせず、キーパー。

4分、市瀬が前に出ていくが、ボールを取り切れない。

5-6分は、愛媛が回す。

6分、愛媛山口のシュート、キーパーキャッチ。

8分、愛媛がセカンドを拾い、中央に入ってくる。
山口にキープされるが、國武が体を当て、ゴールキックとする。

10分、奥川のスルーパスから、浜田がニアへのシュート、キーパー弾く。

これで、右コーナーを得る。瑞夏のキックに浜田のヘッド、枠外。

12分、愛媛がロングボール、裏を狙ってくるが、キーパー。

14分、愛媛が回してクロス、万屋がクリア。カウンターはつながらず。

16分、愛媛が回す。押し戻す。

18分、ベガルタようやくカウンター、右サイドでワンタッチでつなぎ、最後は左でフリーの万屋へ。スペースに走り込んだ万屋のシュートはサイドネット。惜しい。かなり走った。

20分、愛媛のカウンター。しかし、遅らせる。
ベガルタ、白木に代え佐藤楓を入れる。安本がトップに上がる。

21分、佐藤楓、右サイドキープもつながらない。

22分、ベガルタがゴール前で回して、安本がドリブル、右コーナーを得る。
瑞夏のキックに、北原が頭で折り返し、市瀬が左足シュート、枠外

<<飲水タイム>>

26分、ベガルタ回すが、シュートは打てず。愛媛のカウンター、オフサイド。

27分、愛媛は、DF向谷に代え松永、MF松本に代え山城を入れる。

29分、福田が裏へのスルーパス。安本フリーも、外に流れクロス、クリアされる。

30分、ベガルタが、ゴール前でワンツーでつなぐが、シュートは打てず。

31分、奥川から安本。右サイドキープ。北原が上がって来て、左からのクロス、合わず。

34分、愛媛が左からのクロス、キーパーキャッチ。さらに愛媛が回すがクリア。

36分、愛媛はFW阿久根に代わり、MF仲松を入れる。

38分、ベガルタ福田から万屋、さらに安本で裏取るが、オフサイド。

40分、愛媛が右サイドの裏を上がり、フリー、シュートはキーパー

41分にも、愛媛が回して、こぼれを松永がミドルシュート、バーの上。

42分、万屋から瑞夏、キープからのクロスに浜田、もう一歩。

43分、ベガルタは福田に代え、小野を入れる。

44分、市瀬から安本、ドリブルで上がるが、キーパーが蹴り出す。
これでコーナーを得るが、クリアされる。

追加時間は3分間。
万屋のクロスから浜田のヘッド、キーパー。

1分、愛媛のパスをカット、浜田が相手陣コーナー付近でキープに入るが、ゴールキックに。

2分、右から愛媛がクロスも、キーパー。

3分、安本に代え、船木を入れる、時間使い。直後に笛。

2-0で、3試合連続完封勝ち。

下位相手とはいえ、落ち着いて勝ち切った。完全に自分達のペースを掌中にしてきた。

シュート9本の浜田、2ゴールも良かったが、他の選手のつなぎの部分もリズムが出てきた。

さて、次はINAC神戸と対戦。今までの相手と同じような、緩んだ時間は許されない。

しっかりと、はっきりとしたプレーを繰り返し、もうひとつ勝利を。

シュート数: 16-5 CK:6 - 1 FK: 5-12  得点:浜田 遥2  警告:なし  主審:緒方実央  入場:293人

尚、この試合も、中継動画が、なでしこ公式チャンネル(実況あり)であります。