なでしこ13節:ベガルタ仙台レディース1-1伊賀FC、終了直前セットプレーで追いつく

2019なでしこリーグ1部 13節 2019年9月22日(日)13:00 マイナビベガルタ仙台レディース1-1FCくノ一 ユアスタ仙台


ミレイニ  浜田
(安本)  
ジョーダン 
(白木)
三橋 隅田 樫本 
   
万屋 市瀬 坂井 奥川
     (北原 )
齋藤

サブは、池尻、北原、高平、田原、小野、安本、白木。伊賀FCは、FWは、道上、森、MF西川、安斎、杉田、佐久間、島野、DF畑中、宮迫、松久保、GK井指。

ホームゲームが他県、他都市開催となっていたマイナビベガルタ仙台レディースが、ようやくユアスタに戻ってきた。ここからユアスタで2連戦。

ジョー、ミカ、三橋、坂井をスタメンに入れ。4-3-3で臨んだマイナビベガルタ仙台レディース。ロングボール主体に浜田を走らせるが、有効な攻撃できず。前半39分、相手コーナーのクリアが小さいところを押し込まれ先制許す。

後半攻め込んでも、相手の寄せの前に中々シュートまでもって行けずカウンターを受けたが、43分、フリーキックから、万屋がクロス、キーパーがこぼすところを北原が押し込み同点。なんとか勝ち点1はゲットした。

前半左足ひざ下を負傷、担架で退場した奥川の状態が気になる。

前半。
試合開始の頃は、曇ってはいるが雨は降っていないユアスタ。
マイナビベガルタ仙台レディースは、ジョーダン(ジョー)、ミレイニ(ミカ)、三橋、坂井をスタメンに起用、ジョーがトップ下、三橋、隅田、樫本の3ボランチという、中央を固めた4-3-3の新布陣で臨んだが、守備では一定の成果は出たものの、攻撃では相手の寄せの前に、前を向いてのプレーを減じられ、苦戦。

立ち上がりは蹴り合い。3分、左の三橋から、右サイドの浜田へのロングボール、オフサイド。さらに相手陣スローインから、ジョー、隅田、さらに右の浜田へパスを出すが、もう一歩。6分、伊賀FC安斎がベガルタ左から裏に出ていくが、オフサイド。7分、ジョーから右サイド裏の浜田、倒れてしまう。さらにミカが粘るが、シュートは打てない。

9分、右のロングボールに浜田からミカへのパス、抜き切れず、スローインへ。万屋が上がっていくが、決まらず。10分、今度はジョーが侵入していくが、ファールを取られる。11分、道上がドリブルから侵入、ここは市瀬クリア12分、安斎侵入、坂井がクリア。15分、カウンター、ジョーから浜田、つながらず。

17分、隅田から奥川上がっての、クロスは流れる。18分、奥川ここで接触したのか、左ひざに負荷で負傷か、アイシングした状態で、担架で退場。ベガルタ10人。三橋が急遽右SBの位置につく。19分、怪我で退場していた奥川に代わり、北原を入れ、SBへ。坂井が右SBに回り、三橋はボランチに戻る。

22分、浮き球ルーズボール、浜田収まらす。この辺りから小雨が降り始め、スタンド前方に吹き込んで、観客一部が上に移動。23分、北原のロングボール、キーパー直。24分、ベガルタが回し、隅田?が攻撃参加、流れながらシュート打つが、角度無し。25分、万屋が上がり折り返しのパス弱く、合わず。

28分、坂井が上がってクロス、キーパー。30分、ジョーが中盤キープも、その先がつながらない。32分、ベガルタの右からえぐられ、クロス、道上には収まらず。33分、伊賀FCに、ベガルタペナのアーク付近で、フリーキックを与える。杉田が直接狙ってくるが、ゴール天井の上。35分、今度は左サイドから攻められるが、しのぐ。36分、坂井から樫本、そのあとがつながらず。

37分、伊賀FCに右コーナーを与える。島野のキック、ヘッドでのクリアが、ファーサイドのポスト付近にいた松久保への浮き球パスになってしまい、押し込まれ、0-1。一瞬、ボールに誰も行かず、ボールウォッチャーになっていた。失点で下を向くベガルタ。負けが混んでいる時は、先に失点すると、きつい。

42分、右の浜田からパスを受けたミカ、ドリブルで上がっていくが、ブロックされる。44分、道上のキープから、後ろの選手にミドルシュート打たれるが、バーの上。その後、ベガルタが相手陣45mのフリーキック。樫本のキック、こぼれを上がっていた三橋が左からクロス、ファーサイドの右で、どフリーの浜田にどんぴしゃ、狙いすましたヘッド、キーパー正面。決定的。これは決めないと。

前半は、0-1とリードされて終了。

後半。
小雨が降り続くユアスタ。開始40秒、万屋から左裏の三橋にパスが出るが、オフサイド。1分、伊賀FCのカウンター、左サイドがフリー、ミドルシュート打たれるが、バーの上。4分、伊賀FCの左からの攻めをしのぐ、カウンターには行けず。

6分、伊賀が左右に振ってくる。クリアして、伊賀の右コーナー。これはしのぐ、8分、中盤での蹴りあい。右サイドからえぐられ、クロスを入れられるがクリア。さらに、こぼれを回され、最後は、上がってきたDF畑中のミドルシュート、バーの上。12分、右サイドで回されるが、クリア。ジョーから浜田へのパスはつながらず。

その後、ベガルタのカウンター、隅田から左の三橋、シュートはキーパークリア。さらにクロスから浜田のシュート、枠外。これで左コーナーを得るが、シュートは打てず。14分、左サイドでミカがドリブル前進キープ、さらにジョーから万屋、クロスは打てず。16分、隅田から裏のミカへ。かわし切れず。この後、伊賀FCは、島野、安斎に代え、乃一、小川を入れる2枚代え。

18分、ベガルタもジョーに代え白木が入る。20分、ボールを回されシュート打たれるが枠外。20分、浜田のパスをカットされ、抜け出たフリーの道上、右45度からのシュート、枠外。危ない。21分、また道上にパスカットされ、突っ込まれるが、ここはGK斎藤が押さえる。26分、ベガルタ攻め上がるが、ラストパスがつながらない。

28分、パスカットされつながれる。なんとかしのぎ左コーナーを与える。しのぐ。31分、ミカに代わり安本入る。32分、坂井のクロスに、左樫本もう一歩。33分、伊賀FCが回して、左からのシュート、枠外。34分、樫本からのスルーパスに、安本もう一歩。今度は伊賀FCがベガルタゴール前に運び、ミドルシュート、バーの上。

35分、さらにフリーであがった伊賀にシュートまでいかれるがクリア。右コーナーを与える。キッカーは乃一、ここはキーパーパンチングで逃れる。38分、樫本から右の浜田にパスが通り、クロス、キーパー。39分、ベガルタサイド右奥35mで伊賀のフリーキック。こぼれをシュートされるが枠外。

⚽42分、ベガルタが伊賀エリア右奥40mでフリーキック。樫本は万屋に出し、万屋のクロスがキーパー頭上へ。キーパー、雨で滑ったのか、後逸。これを、すかさず北原が押しこみ同点。1-1。

44分、万屋のパスに三橋が懸命に走って上がり、追い込み、コーナーを得る。場内拍手。隅田のコーナーキックに、坂井のヘッド、枠外。さらに40mのフリーキックから三橋がボレーでシュート狙うが、枠外。最後は力を振り絞って攻めたが、勝ち越しはならず。それでも何とか勝ち点1を得た。


ジョー、ミカをスタメン、3ボランチの新布陣にしたが、前半は、選手に緊張があったのか、パスミスも多く、伊賀FCの寄せで、浜田、ミカが前を向けず、シュートも、ほとんど打てなかった。それでも前半終了直前には、決定機を作った。一方、守備では、侵入3回を防いていただけに、コーナーの失点は惜しかった。

後半は、伊賀も裏を突いて何度も攻め上がってきたが、ゴールは死守。ただ攻撃では、伊賀FCもゴール前は堅く、逆にカウンターを受けた。セットプレーからのラッキーで同点とし、さらに、三橋のがんばりでチャンスを作ったが決めきれず勝ち点1。今はそれでも、半歩前進である。

この試合では、選手間の距離が大きく、なかなか崩していく展開にできない中、樫本が一人動き回っていたが、他選手と連動が高まれば、チャンスももっと作れるかもしれない。依然、模索が続き、あがき、もがく展開だが、この試合の終盤に見せたボールへの執念を、前半から発揮して、次の千葉L戦では勝ち点3につなげたい。

シュート数:5-8 CK:2-4 FK:11-19 得点:北原佳奈 (伊賀)松久保  警告:なし 主審:桐原純子 入場:1,251人


体感では全入場者は2000人位いたような・・・尚、この試合の入場者には、何か見覚えのあるユニフォームシャツが、無料配布されました。また、千葉県の台風被害への募金が、マイナビベガルタ仙台レディース・ユースによって行われました。

前座試合は、マイナビベガルタ仙台レディース・ジュニアユースと、FCみやぎの試合で0-1で、FCみやぎの勝利でした。

後半の連続応援のサポも、お疲れさまでした。