ベガルタ仙台ホームゲーム、9/28の横浜FM戦から4試合、チケット価格変動制

ベガサポの方には、今更でしょうが、9月28日の対横浜F・マリノス戦以降、11月30日の対大分、ホーム最終戦までの4試合は、価格変動制チケット「ダイナミックプライシング」が導入されています。

年間チケット・ラスト5試合年間チケット購入済みの方は、その単価以上に値下がり(17-25%)しない設定なので、余裕でしょうが、ビジターの方、これから単発でチケット購入予定の方は、気になる木かと思います。

4試合の内、発売中2試合の、9月5日17時現在の一例(Jリーグチケット)としては、

      標準前売  9/28横浜FM 10/5松本
サポ自     2700   2400   2400
S指定バック  4100   3700   3400
自由南     2500   2500   2500
ビジタ自    2700   4000   4000


と、なっており、横浜FM戦でも、サポ自や、S指定バックなどが値下がりしています。自由席南は安定の定額w

発売直後の、サポ自の3000円超えは、なんだったのでしょうかw

S指定バックは、試合を見る分には見やすいので、今なら狙い目ですよ。と埋まっていくのでしょうか。埋まると上がるので、今の内?

一方、遠征する熱心サポの多いビジター自由は、約5割増しと、需要が高いだけに、それなりの価格になっておりますね。満席ヨロw

マリノスサポは、去年から導入されているので、慣れていらっしゃるでしょうが、松本サポは、どうでしょう。

尚、現在「セブンチケット」=ダイナミック対象外、のWeb販売は無いみたいです。清水戦、大分戦は10月9日(水)から一般発売。


現状では、ベガサポ席は余り気味で、値下がり傾向。これ、喜んでいいのかどうかw