46節対C大阪2-1、菅井1ゴール1アシスト、萬代も頭で決勝点。

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
2007年 10月 21日(日)13:00 ベガルタ仙台2-1セレッソ大阪 ユアスタ仙台



中島  萬代
(ジョニウソン) (中原)
ロペス 梁
     (関口)
千葉  永井

磯崎 岡山 木谷 菅井


サブは、萩原、ジョニウソン、田ノ上、関口、中原。C大阪は小松、古橋の2トップに、柿谷、ゼが先発。

ラストスパート・プロジェクトが始まって、混みあうだろうと、いつもより少し早めにユアスタに行くと、すでに祭りのようなごったがえし。入場者が多いかどうかは、この祭りの具合で分かる。折角、初めて、あるいは久しぶりにスタジアムに来てくれた人たちに、勝利をプレゼントできれば、という思い。プロジェクトの黒子たちの努力は素晴らしいものだが、いちばん大切なのは、それに応えて来てくれた、新「サポーター」の人たちである。来週もまた、来てくれたら心強いことだろう。そして、選手たちが集中を切らさずに戦い、勝利した。

前半。久しぶりに強い日差しが照りつけるユアスタ。開始1分、C大阪の柿谷が早速、ベガルタの右サイドをえぐってのクロス、しかし、これは弱い。その後は互いに中盤でボールを奪い合う、静かな展開。シュートも無い。7分、ロペスからのスルーパスを受けた中島が侵入、DFがクリアして、コーナーのチャンス。決まらなかったが、その後もボールを相手エリア付近で回して、梁がエリア内にもぐり、戻して、中島がミドルシュート、バーの上。これが初シュート。このところ、相手陣内に攻めても、シュートまで行かない試合が続いていたので、いい傾向。C大阪は、柿谷にボールを集めて、裏へのボールを盛んに出そうとするが、前線と呼吸が合わず、パスミスが出て、リズムに乗れない。セットプレーからのゼのフリーキックで活路を見出そうとするが、ベガルタの守備は集中して弾く。。ベガルタは、相手ボランチに対して人数をかけてプレス、ボールを奪って反撃する。

13分、ベガルタがボールをつなぎ、ロペスから萬代、最後は中央の梁のミドルシュート、枠外。16分、ベガルタ陣内から、木谷にロングキックに中島が走りこみ、DFの裏に抜けかかるが、もう一歩。さらに相手エリア付近で、ロペス、中島とつなぎ、最後は菅井が左足でシュート、しかし、ヒットせず。しかし、最近になく、ベガルタのシュート意識が高い試合で、得点の匂いがしてくる。19分には、永井が自分で持ちこんで、そのままシュート、も枠外。25分、ロペスがサイドをえぐって、コーナーゲット。梁のキックに中央でなんとか自分で頭で合わせるが、ヒットせず。

27分、自陣からのロングボールに中島が走りこんで、キーパーと交錯、PKをゲット。吉田にイエロー。しかし、これをロペスがバーに当ててしまい、今季初めてのミス。ムードが悪くなるところ、攻め続けるベガルタ。35分、中島がサイドに流れて、中央ロペスがダインビングヘッドも、ヒットせず。そして、37分、菅井が前線への攻撃参加、相手左サイド奥のスローインから、ロペスがすばやく放り込むと、中央に走りこんでフリーの菅井が、ヘッドでボールを振り、キーパーの逆を突いての、ゴール、先制! いやなムードを断ち切った。助かったロペスは、菅井のほおに愛のベーゼ。しかし、これでC大阪も押してくる。40分には、ベガルタゴール30mのフリーキックに、すらしヘッドを、どんぴしゃで合わせられるが、体を寄せていたために、軌道はバーの上。助かる。43分、ボールに対してヘッドにいった萬代が相手選手と交錯、イエロー。そのまま1点リードで前半終了。

後半、セレッソは前がかり、受身になるベガルタ。しかし、開始早々は千葉が相手ボールをカット、そのまま前進、萬代、ロペスと回して、最後は中島のシュート、枠外。2分、C大阪のコーナー。しかし、決まらず、そのこぼれをカウンター、ロペス、梁、中島とつなぐが、シュートは枠外。5分、C大阪古橋のミドル。むしろ遠目で打ってくれた方が、やりやすい。6分、今度はベガルタゴール前で回され、中央からミドルを打たれるが、バーの上。押し込むC大阪。ベガルタもカウンターで応戦。攻守が激しく入れ替わる消耗戦に。7分、ゼのロングシュートが枠内、林が弾くがなんとか抑える。8分、ベガルタ、スローインからロペスがダイレクトのシュート、決まらず。

そして、11分、柿谷にサイドから絶妙のクロスを、キーパーとDFの間に入れられ、前田に決められ同点とされる。しかし、これで勢いづくかと思われたC大阪も、パスミスが出て、なかなか流れに乗れない。疲れてきたベガルタも、千葉、永井がなんとかプレスに行く。そして、16分、またも菅井が、自陣から猛然と上がって、相手のパスをカット、そのままサイドに流れて、クロス、これにニアに走りこんだ萬代が、頭で合わせて勝ち越し点。。 これで、C大阪も遮二無二攻撃してくる。20分、コーナーを入れられるが、林がパンチで逃れる。22分、ベガルタも中島が中央でポスト、萬代がシュートはキーパー。24分、C大阪がベガルタ陣内でボールを回し、一瞬中央が空いて、シュート打たれるが、林が小股ブロックで止める。25分、ベガルタのフリーキック、ロペスに25m直接シュートも、キーパー。26分、梁に代わり、関口が入る。まだ時間はあるのだが、守備的な動きの関口。32分、中島に代わりジョニウソン入る。ロペスが前に。疲れたロペスは動けない。41分、萬代がエリア内持ち込むがキープ気味。

そして44分、C大阪のコーナー。ボールがファーサイドにこぼれ、どフリーを許し、絶対絶命かと思われたが、至近距離からふかしてくれて助かる。焦るC大阪。デガモリシも動きが重い。ロスタイム、萬代に代え中原入れ、時間を使う。、最後ロペスがボールキープのところで、反スポーツでレッドカードを貰ってしまったのは余計だったが、貴重な勝利。17,481人のサポに、「君が来たから勝てたんだ」といえる場面ができた。

柿谷のケアをしながら、果敢に上がっての1ゴール1アシストの菅井、様様。キン労感謝の日である。しかし、それを可能したのは、全員の集中した守備。シュートで終わらせる意識もようやく出てきた。厳しい試合を勝ち続けるのは、粘りの守備と果敢な攻め。これを続けてもらいたい。今はロペスべったりのチームではない。次節の司令塔は田ノ上が面白い気がする。試合前の練習で全てゴールの放り込んでいたのは、彼だけだった。ハムストリングを気にしているロペスは体調を整えて次の機会に向けて調整。

シュート数:16-12、CK:5-5、FK:22-26 得点:菅井直樹、萬代宏樹 警告:萬代、ロペス=退場 (相手)吉田 主審:東城 穣