WE03節:マイナビ仙台レディース1-0新潟L、終了間際、市瀬のヘッドで3連勝

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

WEリーグ2022-2023 03節 11月5日(土)14:03 マイナビ仙台レディース 1-0 アルビレックス新潟レディース デンカビックスワンスタジアム


ブラトヴィッチ

後藤    矢形
(西野)   (猪瀨)
中島  宮澤
隅田
万屋 市瀬 國武 楓
(高平)    (松永)
松本

サブは、齋藤、高平、松永、茨木、西野、猪瀬、遠藤ゆめ(2種)。

新潟Lは、GK平尾、DF白木、イヒギョン、三浦、北川、MF武田あすみ、園田、山谷、森中、FW道上、石淵。児野、滝川、上尾野辺、加藤栞はベンチスタート。

第3節、2連勝で迎えたマイナビ仙台レディースは、アウエーで、2連敗中のアルビレックス新潟レディースと対戦。

この試合でも、新潟Lのプレスからの早い攻撃で、シュート16本を浴びたが、DF陣のシュートブロックと、GK松本の位置取り、好セーブで無失点。

攻撃では、受け手の動き出しが改善して、裏への侵入からのチャンスを作り、シュート9本を放ったが、相手の守りで中々ゴールは割れず。

試合を決めたのは、89分。中島の右コーナーからニアに走り込んだ市瀬菜々がフリックヘッドを決めてゴール。ATに矢形が負傷で交代するアクシデントもあった、ボールを蹴り出すなど時間を使って勝ち切り、1-0で3連勝。

これまでの2試合より、ピッチの状態がいいデンカビックスワンで、パスもつながり、少し距離感があったが、選手の動き出しがよかった。

とりわけ、スラッキーことブラトヴィッチが、楔のパスを受けたり、自陣に戻って、大きなサイドチェンジも披露。精度の高く、強いキック力が垣間見れた。

また、右SBの佐藤楓が思い切りよく上がり、チャンスメーク。市瀬のロングボール、隅田がスルーパスや、中島や市瀬まで、ペナ内奥裏に抜け出すなど、多彩な攻めを見せた。

ただ、中々ゴールを割れず。逆にカウンターで、アンカーの脇、サイドバックの裏を突かれて、再三ペナ内にクロスを入れられる。

そこから、ペナ内の道上や石淵とDF陣のせめぎ合いで、かわされる事もあったが、最後は松本が立ちはだかって、完封できた。

最後は、精度の高い中島のコーナーキックに、ニ市瀬のヘッドで決勝点。まさに練習通りにできた、快心のゴール。

これで、下位相手とはいえ開幕3連勝で暫定2位。

攻撃は、試合ごとに良くなってきている。

一方、守備では、どのチームにも、サイド裏を同じように狙われているので、上位との対決の前に、攻守の切り替えの速さを、一層高める必要はありそう。

ところで、試合展開が厳しかったので、2種の遠藤ゆめ(高2)に出番がなかったが、これで2試合目のベンチ入り。出場の日も近いのではと期待。

前半
マイナビ仙台Lは、左トップ下に後藤、右SBに佐藤楓を入れた他は、これまで通りのメンバーで4-3-3が基本か。新潟は4-4-2の感じ。

前半から、得点への意識が高い新潟Lは、前からプレスから仕掛け、早いタイミングでシュートにもってくる。

1分、新潟Lが、マイナビ仙台Lのペナ左横でいきなりフリーキックを得る。ここはクリア。

2分、中島が猛然とカウンターで飛び出し、今度はマイナビ仙台Lがペナ左奥35mでフリーキック、これは合わず。

6分、新潟L、右から森中のクロス、ここはGK松本パンチング。

7分、新潟Lが、ペナ右横35mのフリーキック。山谷がヘッド、枠外。

9分、新潟L右から、三浦のクロスに、石淵がすらしヘッド、枠外。危なかった。

11分、市瀬のロングボールに、右サイドを上がったがニアにパス。矢形がシュートも、角度なく。

14分、新潟Lのカウンター、道上から左に展開、クロス。これでコーナー。2人にシュートを打たれるが、守り切る。

17分、から、宮澤のロングボール、隅田のドリブル前進、万屋のクロスと盛り返すが、シュートまでいけず。

20分、矢形からパスを受けた楓が、ドリブルで上がり、フリー。クロスを狙うが、キーパー。

21分、新潟Lが左からのクロス。道上がためて自分でシュート、ヒットせず。國武が詰めていた。

22分、隅田からパスを受けた矢形がドリブルで持ち込み、シュートは阻まれる。このとき寄せてきた武田あすみが着地で負傷。ピッチ外へ、
右コーナーはつながらず。

27分、新潟Lは、武田に代わり加藤栞を入れる。

28分、新潟L、カウンターで石淵がドリブル前進。白井が裏に回りこんでシュート、キーパー正面。

その後、隅田から楓でクロス、万屋が上がってクロスもつながらない。

31分、新潟Lが右からのクロス、石淵がワンタッチで市瀬をかわしフリー、ニアを狙ったシュート、GK松本ファインセーブではじき出す。

この後の新潟のコーナーを防いで、宮澤がカウンターでドリブル前進、2人付いて3-2の場面を作ったが、自分で切り返しからシュート、ブロックされる。ここはパス出しでも良かったか。

34分、中島が裏に出し、後藤が粘って左コーナーを得る。2本連続も決まらず

38分、左サイドでつなぎ、最後は万屋のクロスに、スラッキーがヘッド、枠外。

40分、新潟Lが左からの攻め、最後は道上シュート、キーパー正面。

42分、つないで、市瀬から隅田、スルーパスに、裏に出てフリーの万屋がシュート、オフサイド。

44分、新潟Lが左からのクロス、市瀬の裏を取った道上フリーも、もう一歩。

追加時間は3分。
道上のダイレクトシュートはブロック。宮澤のクロスに隅田がシューートもブロッ、。

前半は、新潟が多くのチャンスを作りシュート7本、マイナビ仙台Lは3本も、スコアレス。


後半
両チーム、次第に間延びしてきて、カウンター応酬となる。

マイナビ仙台Lは、万屋に代え高平を入れる。

2分、新潟Lの白井がパスカットからドリブル前進、道上が左に振って、折り返しを白井がシュート、松本弾き出す。

3分、新潟Lの左コーナー、ショートコーナーから園田がクロス。こぼれを放り込まれ、シュートうたれるがブロック。

4分、新潟Lのフリーキックを守ってカウンター、中島から高平。ブロックされる。その後隅田のミドルシュート。

7分、中島から裏へのスルーパス。楓が侵入、クロスを上げるが、シュートは打てず。

9分、新潟L、道上が中央で反転シュート、松本正面。

10分、中島がペナ内侵入、ライン際際からの折返し、キーパー。

11分、右コーナーのチャンスもつながらず。

14分、新潟Lは森中に代え、上尾野辺が入る。

16分、マイナビ仙台Lは、後藤に代わり西野が入る。宮澤が左サイドに回り、中島トップ下、西野は隅田とボランチ。

20分、中島のスルーパスを矢形が落とし、スラッキーがためてノーステップのミドルシュート、枠外。

22分、新潟Lのカウンター、加藤のクロスは流れる。

24分、左コーナーを得る。中島のキックは枠内へ。キーパーパンチング。

25分、そのこぼれを、宮澤、楓のワンツーで侵入、えぐってのクロス。矢形が狙うが、決まらず。

28分、新潟L白井の侵入は抑え、自陣に戻ったスラッキーが腰を回しての、反転サイドチェンジのロングボール。これが左サイドの宮澤の裏にいくが、もう一歩。

30分、新潟Lは、北川に代え滝川を入れる。

31分、隅田のロングボール、左サイド上がった西野がドリブルからのシュート、枠外。

このあたりから、選手間が間延びしてくる。新潟Lがクロスを連続で入れてくるが、精度を欠いてくる。

38分、佐藤楓に代わり松永が入る。

40分、新潟Lの石淵がフリーで、中央をドリブル前進、シュートも、松本抑える。

41分、今度は宮澤が自陣からのドリブル前進、クロスに中島がシュートもブロックされる。

42分、松永がワンツーでペナ内侵入、クロスで右コーナーを得る。

⚽44分、中島の右コーナーキック。ファーサイドの市瀬がニアに走り込んで、フリックヘッド。ゴール左に決まって1-0
終盤のここ一番で、精度の高いプレーが出た。

45分、新潟Lの滝川が、中央で切り返しの連続からシュート、バーの上。

追加時間は3分。
1分、矢形が左膝負傷で倒れ込み、ピッチ外。

隅田が蹴り出したり、中島が走ってプレスをかけ、時間を使う。

2分、矢形に代わり、猪瀬が入る。猪瀬は今季初出場。

3分、新潟L加藤から白井のシュート、枠外。

そのまま試合終了1-0で勝ち切った。

後半のシュートは、新潟Lが9本、マイナビ仙台Lが6本と打ち合った。

これまで膝をやってる矢形が、負傷退場で心配されたが、試合後に挨拶でも歩いていたので、重症ではなさそう。


シュート数: 9-16 CK: 7- 4 FK: 4-9  得点:市瀬菜々  警告:なし  主審:草処和江  入場:1,234人