2023女子W杯アジア予選日本代表に、マイナビ仙台Lから、長野、宮澤、隅田の3選手選出

WEリーグのマイナビ仙台レディースから、「AFC女子アジアカップインド2022」なでしこジャパンメンバーに、MF長野風花宮澤ひなた隅田凛の3選手が選出されました。

この大会は、2023年にオートラリア・ニューランド開催される女子ワールドカップの予選を兼ねる重要な試合です。12チームが参加し、上位5チームに出場権。

マイナビ仙台Lの3人の内では、先日の欧州遠征の使われ方から見て、長野選手は、おそらくボランチのレギュラーで出るのではないかと思われます。

宮澤選手、隅田選手にも、出場機会はあると思うので、共に女子W杯出場権獲得に貢献してほしいですね。

日本女子代表は予選グループCで戦います。

12チーム中5チームなので、予選突破の可能性は高いとは思いますが、ドン引きで守られた時に、しっかり点を取っていかないと、焦って嵌る可能性もあり。しっかり勝ち切ってほしい。

日本女子代表日程(2022年/日本時間)グループステージの3試合はDAZNで中継

  • 1月21日(金)17:00 対ミャンマー5-0 長野、宮澤スタメン。宮澤は69分で交代。
    圧倒的にボールを支配した日本だが、ゴールを割れず、植木のヘッドの1点どまりの前半。しかし、後半は長谷川の上がり、猶本の直接FK、成宮のミドル、長谷川2点目と追加点を奪い圧勝。しかしシュート38本の割りに点は取れなかった。長野、宮澤はいずれも攻撃の起点となって勝利に貢献。宮澤は再三の仕掛けでラストパスも供給。共にゴールのチャンスもあったが、決め切れず。
  • 1月24日(月)23:00 対ベトナム
  • 1月27日(木)17:00 対韓国
  • 1月30日(日)準々決勝
  • 2月3日(木)準決勝
  • 2月6日(日)20:00決勝