なでしこカップ4節:ベガルタ仙台レディース0-2神戸、前半好機生かせず、後半ミスから失点

2019なでしこリーグカップ1部 Bグループ 第4節 6月2日(日)13:00 マイナビベガルタ仙台レディース0-2INAC神戸レオネッサ ノエスタ


武田 浜田 
  (有町)
宮本   安本
(田原)(井上)
三橋 隅田

万屋 奈良 北原 楓

池尻

サブは、齋藤、坂井、田原、井上、有町。INAC神戸は、FW京川、MF増矢、河野、八坂、伊藤美紀、吉田、DF牛島、三浦紗津紀、羽座、高瀬、GK武仲。島袋、仲田とGK二人スタンボー、田尻がベンチ入り。


雨のノエスタ。前半、京川、河野らの攻撃をなんとかしのいでいたが、ここ2試合と違い間延びして、パスをカットされ、リズムがもうひとつ。前半サイドから浜田への2回のチャンスを決めきれないと、後半、仲田を投入され、ベガルタ右から裏への侵入を許し始める。10分パスミスを京川に決められると、相手に余裕のパス回しをされ、後手に。

29分には、再三ベガルタ右最後を突いていた仲田に2点目を許す。34分、ベガルタも、怪我から復帰、安本に代わり、今季初出場の井上のクロスに、三橋のヘッドはバーの上。その後は、ボックス内に次々侵入してくる相手を止めるのにエネルギーを使い、カウンターでのシュートに時間がかかり、敗戦。


前半。
2分、宮本のクロスに、浜田が中央でワンタッチ・シュート枠外。5分、神戸、ベガルタがラインを上げた裏に、ボールを出してくるが、奈良がカバー。6分、ベガルタのカウンター、右から左へと回し、万屋のグラウンダーはクリアされる。7分、ベガルタが回して、隅田が左足シュート、これで左コーナーを得る。キッカーは隅田。キーパー。さらに奈良のクロス、つながらず。

9分、万屋から浜田へのクロスはオフサイド。10分、宮本から安本へのパスは流れる。その後、中盤での蹴りあい。互いに間延びして、選手間が広い。ベガルタ裏への飛び出しを恐れたか。12分、中央河野がスルーパスも、池尻。その後ベガルタの攻め、右サイド佐藤楓のドリブル前進、クロスに浜田が右足シュート、ふかす。14分、左から神戸のクロス、これはクリア。

15分、左から神戸のクロス、直接クロスバーを横切る。その後はクリア。ベガルタも押し戻す。パスカットからカウンター、万屋が裏に出すが、流れる。17分、神戸のカウンター、流れる。19分、クリアし切れず、神戸に次々に裏に出されるが、なんとかしのぐ。ワンタッチでパスをつなぎ、浜田から宮本、ドリブルからカットインもシュートはできず。

22分、宮本がパスを出すが、誰もいない。23分、高瀬が上がり、神戸の攻めもオフサイド。25分、八坂に左コーナー付近で粘られる。万屋がぶつけてゴールキック。28分、隅田のパスを受けた武田がドリブル前進。シュートまで行くが、キーパー正面。その後、左サイドで回すが、なかなかラストパスまでいけない。30分、神戸の左コーナー。ベガルタはゾーンで、前に二人置く。京川にヘッド打たれるがサイドネット。

31分、楓のサイドチェンジ、武田キープから強引シュートもヒットせず。32分、右からつないで、中央隅田。さらに宮本のパスから三橋がミドルシュート、バーの上。34分、神戸の裏へのパスはクリア。36分、ベガルタのプレスのせい?今日の神戸はパスミスが多い。38分、神戸がワンツーで、河野が裏に出てフリーでシュート、しかし角度なく池尻抑える

39分、ベガルタがボールを回す。神戸のクリアミスで、左コーナー付近からのスローイン。しかし、キープできない。40分、浜田が後ろからボールを奪い、楓が上がっていくが、シュートは打てず。42分、ベガルタのDFが重なり、右から抉られるが、つながらず助かる。44分、京川のカットイン、左に流れながら強引シュートはキーパー正面。

前試合に比べると、間延びして、つながりはいまいちだが、シュートチャンスもあり、まずまずの前半。

後半。
2分、北原のロングボール、武田から浜田、スルーに安本、合わず。3分、ベガルタがゴール前でボールを回すが、クリアされ、神戸がカウンター、奈良が戻る。4分、万屋がパスカットされ、京川が反転即シュート、池尻正面。5分、神戸にスルーパス通されるが、オフサイド。6分、神戸にスルーパスを通され、八坂のシュート、ふかす。その後、宮本が裏に抜け、武田にパス、クロスはキーパー。

9分、ベガルタ中盤でパスをつなぐが、シュートまでいけず。11分、ベガルタの右サイドで回されるが、クリア。12分、ベガルタの左サイドライン際40mで神戸のフリーキック。つながらず。13分、ベガルタのカウンター、隅田のスルーパス、ヒットせず。14分、万屋が自陣からのスルーパス、左サイド抜けた浜田のクロスで、左コーナーを得る。

隅田のコーナーキックに、ニアに浜田。こぼれ押し込めず。15分、神戸ボックス右横でフリーキックを得る。北原がヘッドで折り返すが、押し込めず。その後、神戸のカウンター、パスミスで救われる。17分、ゴールキックから三橋がヘッドでつなぎ、左から宮本がミドルシュート、決まらず。ここで神戸は、河野にかわり仲田が入り、左サイド。18分、隅田のフリーキック、クリアボールがバーの当たって跳ね返り、楓がヘッド、も枠外。惜しい。

19分、万屋が左から斜めのクロス、中央浜田はフリーでヘッド、枠外。20分、ベガルタゴール前、横パスを受けた北原がリターンしようとして、弱くなり、京川にさらわれ、フリーでシュートうたれ、決まって、0-1。一瞬の隙を突かれた。22分、パスカットした安本から浜田。右サイドをドリブル前進、シュート性のクロス。ククリアされ左コーナーを得る。

隅田のコーナーキック、こぼれるが押し込めず。24分、神戸に回され、中央からシュート打たれるが、キーパー正面。25分、さらにパスカットされ裏に出されるが、キーパー。27分、神戸にエリア内侵入されるが、オフサイド。29分、パスカットされ、仲田に侵入され、フリーでシュート決められ0-2。31分、浜田に代え有町が入る。その後、北原トラップミスをつかれ、フリーでシュートされるが、池尻が弾く。

32分、神戸の左コーナー。ヘッド打たれるが枠外。33分、安本に代わり井上が入る。去年の大怪我からようやく今季初出場。34分、ベガルタ左から右へと展開、最後は、井上のクロスに三橋のヘッド、バーの上。36分、神戸は八坂に代えFWの島袋入る。37分、左から伊藤のクロスに、裏に抜けてフリーになった仲田のシュート、バーの上。決定的。危なかった。

39分、神戸エリア左奥40mでフリーキック。こぼれを神戸がカウンター、ロングボール出されるが、奈良戻る。40分、ベガルタが左コーナーを得る。ここで宮本に代わり、田原が入る。コーナーのこぼれ、再び隅田がクロスも、シュートは打てず。

43分、ベガルタが左サイドで回して奈良のクロス、中央有町ヒール。さらに、中央から左に回して楓のクロスに三橋のヘッド、枠外。追加時間は2分間。ここで神戸は、京川に代え水野を入れる、時間使い。最後、ベガルタは奈良のクロスに武田がバックヘッドで後ろに流すが、つながらず、試合終了。


INAC神戸に仲田が入ってから、京川以外にも、仲田が裏に出て来るようになり、掻きまわされた。現在は、どうしても、先に失点してしまうと、バランスが崩れ厳しい。前半の決定機、力を抜いて、まずは、枠内にシュートを打っていて、チャンスを作ってほしい。

もう少しコンパクトな布陣から、早いパスで展開を再開できれば、またチャンスも増えるだろう。井上、田原の復帰は、選択肢も広がり、次につながると信じたい。Bグループ3試合消化グループの中では、依然2位キープ。


シュート数:13-12 CK:3-2 FK:11-5 得点:(神戸)京川、仲田  警告:なし 主審:中本早紀 入場:2,766人

尚、この試合も、MyCujooによるネット動画中継があり。