なでしこ04節:ベガルタ仙台レディ0ー1ス対ジェフ千葉L、動き重く、球際で押され敗戦。市瀬、隅田出場

2019なでしこリーグ1部 04節 2019年4月20日(土)12:30 マイナビベガルタ仙台レディース0-1ジェフユナイテッド市原・千葉レディース Jヴィレッジスタジアム


浜田 白木
 
小野   安本
(宮本)  
松井 市瀬
  (隅田)
万屋 奈良 坂井 三橋
     (北原)   
池尻

サブは、齋藤、北原、隅田、樫本、宮本。ジェフ千葉Lは、FW大滝、小澤、MF山崎、西川、瀬戸口、鴨川、DF上野、田中、千野、若林、GK船田。怪我の市瀬がスタメン、隅田もようやく初ベンチ入り。

相手の鋭い出足の前に、球際躊躇。パスも弱く、精度を欠いたプレーで苦戦。前半はオフサイドトラップでしのいでいたが、後半裏に抜けられるようになり再三ピンチ。パスカットされ、23分、風に乗ったロングシュート決められ失点。

ピッチでのボールの走り、風の影響もあるのかもしれないが、パススピードがとにかく遅い。相手の出足の前に、びくびくしたプレーの連続で、完敗といっていい内容。

ただ、ここまで怪我で出場できなかった市瀬、隅田が出場できたので、次はフルで出て、チームを活性化してもらいたい。

Jビレッジが震災後8年で、ようやく本格再開。JRの駅もできて、記念の試合。マリーゼ由来の選手にとっては感慨深い試合だったと思うが、力は発揮しきれなかった。


前半。ベガルタ風上。
1分、万屋のロングボール、収まらず。その後、自陣から、ワンタッチパスでビルドアップしてくが、最後は浜田が、戻りオフサイド。2分、山崎がドリブルで侵入してくるが、三橋が押し出す。3分、今度はベガルタ右サイドを、上野がドリブル侵入もクリア。4分、山崎と市瀬が交錯。山崎倒れるが、〇印。さらに瀬戸口が、右からクロスと、ジェフ千葉Lが攻勢。

7分、またも右からクロスを入れられるが、GK池尻。8分、ベガルタが回す。市瀬の縦パスは流れる。9分、左奥35mでフリーキックを得る。奈良のキックに、浜田ヘッドもオフサイド。11分、またクロスを入れられるがGKクリア。12分、今度はベガルタ左から、鴨川がドリブル、これでコーナーを与える。ヘッドを打たれるが、池尻押さえる。13分、ようやくベガルタ右サイドでつないで、裏の浜田に出すが、クリアされる。

ジェフ千葉Lの厳しい寄せにくらべ、ベガルタの出足が悪く、流れがよくない。白木が下りくるが、パスが連続でつながらない。14分、万屋ドリブルからのカットイン、しかしボールを奪われクリアされる。スローインから、万屋のクロス、キーパー。16分、上野のクロスに、フリーで抜けられるが、オフサイドにかける。ジェフ千葉Lの飛び出しには、オフサイドトラップで対抗が、今日のベガルタ。攻撃は出足が悪いので、単発気味。

19分、ワンツーで万屋がクロス、キーパー、パンチング。さらに市瀬から白木、裏の浜田に出すがもう一歩。20分、ベガルタが回して、松井のクロス、最後は浜田のヘッド、枠外。その後ジェフ千葉Lが、ロングボールから大滝のシュート、枠外。万屋の寄せが甘かった。その後、小野から白木とつなぎ、左サイドをドリブル、回して、最後は坂井のロングボール、ライン割る。

その後、ジェフ千葉Lの攻撃をしのいで、松井から浜田へパスを通すがブロックされる。25分、こぼれ球を市瀬がミドルシュート、枠外。26分、ジェフ千葉Lがパスミス。27分、小澤に、右からシュート打たれるが、キーパー。28分、ベガルタいったん戻して、市瀬が斜めに走りこみ、裏にボールを放り込むがオフサイド。29分、小澤に裏にドリブルで侵入されるが、挟んでしのぐ。

31分、ジェフ千葉L、また右からのクロス、小澤がダイレクトシュート、池尻。32分、ベガルタがボールキープも、サイドに流れる。33分、右からえぐられ、クリア。スローインから、ベガルタコーナー付近で、ボールをつながれる。その後、白木が自陣からのドリブルでのカウンター、小野、万屋とつなぎ、クロスもキーパー。37分、千葉がロングボール入れてくるが、オフサイド。

40分、右から上野がライン際をドリブル、クロスはライン割る。42分、ボールをキープされ、シュート打たれるが、ブロック。ベガルタのカウンターはつながらず。その後、万屋がヒールパス、裏に出た松井のクロス、キーパー。43分、鴨川から裏の山崎にパスを出されるが、オフサイド。追加時間1分。結局、前半はそのままスコアレス。ジェフ千葉Lのドリブル侵入に手を焼いているが、なんとかしのぐ。オフサイド・トラップはここまでは効いている。

後半。
ベガルタ風下。風が次第に強くなってくる。1分、詰められるがしのぐ。3分、左サイドでつないで、万屋のクロス、浜田ヘッドはうてず。4分、右から安本、三橋のクロスに、ファーで浜田が胸トラップからのシュート、枠外。決定的。7分、ジェフ千葉Lの左からクロス、裏の大滝、飛び込んだ池尻と交錯。9分にも、ジェフ千葉L左からのクロス、これは流れる。

10分、左から鴨川のクロス、シュート性、枠内も池尻が弾く。今、思うとこれが伏線だった。11分、ジェフ千葉Lの左コーナー。瀬戸口のキック、これはクリア。13分、ジェフ千葉Lのスローイン、右から上野がシュート、キーパー正面。15分、市瀬に代わり隅田が入る。今季初出場。16分、ジェフ千葉Lが、スローインから左サイドをドリブルからのクロス、坂井クリアで、左コーナーを与える。17分、今度は右コーナーを与えるが、ライン割る。

19分、三橋がボールを奪われ、右からクロスを入れられるが、池尻キャッチ。20分、松井から安本、キープしていたが、倒され、右奥30mのフリーキックを得る。キッカーは奈良。キーパー。21分、三橋の横パスをパスカットされ、大滝にミドルシュート打たれるが、池尻セーブ。ベガルタのパスに、スピードが無いところを狙われている。22分、三橋に代わり、CB北原入る。坂井が右サイドに回る。

23分、ベガルタ左サイドで、CBからのパスを鴨川にカットされ、すかさずシュートを打たれると、風にも乗って池尻の頭上を越え、ゴール。30mのロングシュート。先制を許す。その前に、交錯があって、鴨川が、いったんピッチ外から戻ってきたところ。ベガルタ側に集中が切れた瞬間か。流れが悪いこの試合で、先制を許すと、厳しい。

26分、ロングボールで浜田を狙うが、つながらず。27分、左ライン際45mでフリーキック。奈良が蹴る。つながらず。28分、ジェフ千葉Lのカウンター、万屋が空振り、小澤にドリブルからフリーでシュート打たれるが、池尻抑える。ベガルタはラインを上げていたが、この時間では間延びして、セカンドボールがとれない。

29分、ようやく浜田、白木、安本とつなぐが、抜き切れず。 31分、万屋から白木、浜田へのパスは合わず。33分、小野に代わり宮本入る。34分、ジェフ千葉Lが裏にロングボールも、オフサイド。そのあと、白木から浜田が中央ドリブルからのシュート、枠外。35分、ジェフ千葉Lにパスカットされ、クロスされるもキーパー正面。千葉はここで、小澤にかわり大澤が入る。

36分、隅田から万屋、宮本とつなぐが決まらず。38分、ジェフ千葉Lのカウンター、裏に、どフリーで二人抜けられるが、シュートは池尻セーブ。危なかった。39分、今度はベガルタの攻め、安本のクロス、クリアされるが、右コーナーを得る。キッカーは奈良。安本がクロス、浜田のヘッド、体を寄せられる。42分、松井が裏狙うが、ライン割る。43分、ジェフ千葉Lが裏にフリーで抜けていくが、ライン割る。

44分、松井から坂井のクロス、流れる。追加時間は3分間。フリーキックから安本、キープできず。1分、右奥35mのフリーキックを得る。松井のキックに、坂井のヘッドは枠外。その後安本のクロス、浜田には合わず。結局、そのまま試合終了0-1。

ジェフ千葉Lの厳しい寄せ、ドリブルでの突破と走るサッカーに苦戦。ベガルタの出足が良くなく、ただクリアするだけの時間が多く、今季で一番悪い内容。松井は、セットプレーで蹴らないし、ひょっとして怪我なのかもしれないが、ボールに触る時間が短かった。ピッチ状態が、いつもと異なる、という事もあるのだろうが、パススピードが遅いので、カットされたり、つながらなかったりと、組み立てができなかった。この辺は、なでしこリーグの会場を考えても改善要。

ただ、奥川、高平の離脱の中、怪我から、ようやく市瀬、隅田のプロふたりが復帰し、センターラインは強化できそう。
パススピードで言っても、隅田は、やはり違うものが見られた。この二人が戻れば、市瀬はCBに戻し、CBの奈良を左前に上げ、隅田と松井のコンビが嵌れば、また一段上の化学変化が起きそう。いい競争の中で、厳しくボールに寄せるところから、今季のサッカーを再び見せてもらいたい。


シュート数:6-11 CK:1-4 FK:12-5 得点:(千葉L)鴨川  警告:なし 主審:朝倉みな子 入場:1,154人