第6回ナビスコカップ’98


予選リーグAグループ  
最終成績 4試合0勝4敗 得点2、失点14で決勝トーナメント出場ならず

2節3節4節5節| *1節は試合なし   ベガルタページ   ブランメルトップ
期 日 キックオフ 対戦相手 スコア 会 場
予2
5月23日(土)
14:00
サンフレッチェ広島  0-1
仙台
 決定力の差で敗れはしたものの、内容的には互角の試合。今日は越後、山路がおらず、中村、渡辺が先発出場。20分、相手DFを振りきって阿部にGKと1対1のシュートチャンスが。おしくもキーパー正面。六四で押されながらも、例によって石川の好セーブなどでなんとか凌ぎ、時々カウンターでシュート態勢までは作れた。中村学、そして高田などが前を向いてプレー、いくつかシュートを放ったが、惜しくも決まらない。前半ロスタイム、44分に古賀のコーナーキックからヘッドで決められ失点。これは相手の方が上手の得点でやもうえない。広島にはDFの裏を突破するスピードはなく、トップの選手もでかいだけでキレはない。こういう遅攻の相手には、ブランメルも十分互角の試合ができるのだ。
 後半は20分頃までは、直樹が早い出足でボールを奪い、前線につなげパターンであわやのチャンスを作っていたが、学のボレーがヒットしなかったり、伊藤の決定機はオフサイドに判定されるなどツキもなかった。残り15分で伊藤に代え、瀬川を投入、早速切れそうなボールに追い付いて、コーナーキックをとるなど、見せ場を作った。しかし、広島の肘打ちで退場。急遽根子が入る。何が起こるか分からない。リザーブの選手は心身共に臨戦態勢であってほしい。

 今日の試合は久々に期待を持たせる試合だった。後はなんとかゴールにボールをねじ込むだけだ。学、純は「GK」に向かってシュートすればいい。あきらめるな。次は絶対に決まる。自分を信じろ!広島は去年まで仙台にいた古賀が登場、フリーキックなどをけっていた。サンフレッチェよ、近い将来、入れ替え戦を戦うことになる。それまで待ってろよ!
記録 観衆:4,394人 天候:晴
主審:北村 央春/副審:福田 寛、伊崎 公男/予備審:近江 孝義
得点:44分:川島 眞也
警告:59分:ドゥバイッチ(ラフ)87分:御厨 景(ラフ)
[広島]21分:ポポヴィッチ(反スポーツ)88分:久保 竜彦(ラフ)         戻る
予3
5月30日(土)
18:33
浦和レッズ  0-6
駒場
 現在のブランメルの力では、一度集中力が切れると、守備は崩壊してしまう。70分ころから4失点とのこと。石川一人では失点は防げない。
 それはさておき、得点がない試合が続いているのが気になる。点が入らないと必要以上に落ち込んでしまうからだ。マヒトさんの情報によると、先発に中村、瀬川が入って、途中後半は中村に代わり阿部、御厨に代わり根子が入った模様。
次はホームゲーム。心配すんな。みんなの力で点とらせるから。
記録13,972人 / 天候:晴
主審:原田 秀昭/副審:中村 祐、犬飼 一郎/予備審:前之園 晴廣
得点:33分:ネイハイス46分:桜井直人70分:広瀬 治73分:大柴健二75分:大柴健二77分:福永泰
警告:[仙台]4分:ドゥバイッチ(反スポーツ)15分:瀬川 誠(ラフ)62分:御厨 景(ラフ)
89分:高田 純(反スポーツ)         戻る
予4
6月3日(水)
19:00
ジュビロ磐田  2-6
仙台
 梅雨入の仙台。雨の中の戦いは仙台に有利か。出場停止の御厨の代わりに根子が先発。
 さて、試合はやはり開始早々から磐田がボールを支配、DFの裏やサイドへやすやすとパスを通される。そんな中、わずかなチャンスをものにした12分、千葉直樹のペナルティ左からのフリーキックを高田?がヘッドですらし、右サイド、フリーの阿部の前へ。ごっつあんゴール。今日、阿部唯一の仕事だった。実に久々の得点、しかも先制。スタジアムは興奮のるつぼになった。しかし喜びもつかの間、またもや磐田にボールを支配され、26分、山路がPKを取られてしかもレッド。せっかくの先制もフイかと思われたその瞬間、サポーターとGKノリオが一体となって、PKを弾き、その後のリバウンドシュートも間一髪止める。10人にはなったけど、今日はやれる予感。 
...しかししかしやはりチャンピオンチームはそう甘くはなかった。山路が抜けた後のボロボロのブランメルDFを翻弄、30分から5分間で3点取られる。ブランメルの選手同士がぶつくさ言い合ってる間に、素早く攻められた。阿部の、いかにもなげやりな態度もいただけない。体調万全ではないのかもしれないが、10人になっても前線でただ突っ立っていていいはずがない。自分の目の前のボールにすらプレスにいかないのでは、省エネというよりノーエネ。もっとも、だからといって、ピッチから逃げ出すことは絶対に許さないぞ。また、GK高橋のリスタートがいつも遅い。石川と最も違うところだ。反撃のリズムがどうしても止まってしまう。ファインセーブもあったけど。

 後半中村に代わり、瀬川を入れる。相変わらずボールを回されて、なかなか反撃できなかったが、なんとか守ってついに本日の見せ場がきた。70分、カウンター一発で瀬川が相手の裏へ走り切り、ゴール近くでDFもかわしてあざやかなシュート。2対3。場内騒然、ひょっとしたらの期待が。だが横綱相手に10人で闘ったので体力が持たない。その後は、余裕の攻めを見せられて、75分、78分そして89分にも決定的に決められた。ブランメルは最後はキックもまともにできないほどヘロヘロになったが、後半は、よく頑張ったとはいってもいい、阿部以外は。どんな試合でも点を取りに行く姿勢さえあれば、みんなまた見に来てくれると思う。ひどい試合ではあったが、光りは見えた。
記録
19:03 Kick off 4,570人 天候:雨
主審:上川 徹/副審:唐木田 徹、金田 英司/予備審:近江 孝義
得点:[仙台]12分:阿部 良則、67分:瀬川 誠
[磐田]32分:アレサンドロ、33分:福西、35分:清水、73分:高原、78分:アジウソン、89分:高原
警告:[仙台]10分:中村 学(ラフ)、39分:阿部 良則(ラフ)、70分:渡辺 佳孝(ラフ)、26分:山路 嘉人(阻止(他)=退場)
[磐田]43分:山西 尊裕(反スポーツ)     戻る
予5
6月6日(土)
19:00
ヴェルディ川崎  0-1
等々力
NIFTY、MLなどの情報によると佐藤浩章、松村、山中がベンチに。出場できるかと思っていたら85分になんと高田に代わって松村登場。ちょっとだけボールタッチのよう。でもFWとは。高田は再三のチャンスをはずしていたよう。自信なくしてるのかな。GKに向かってシュートしなさい。二軍相手とはいえ、そこそこの試合ができたようです。今日のメンバーに越後が加わったら、この後のリーグ戦けっこういけるのでは。
記録
19:03KICKOFF 6,578人 天候:曇
主審:太田 潔/副審:原田 秀昭、河野 暁/予備審:小野寺 祐
得点:38分:米山 篤志(ベルディ)
警告:21分:高田 純(距離不足)80分:渡辺 佳孝(ラフ)以上仙台
   36分:エドウィン(ラフ)        戻る

J18+準会員2の計20チーム参加。
J18+準会員2の計20チーム参加。予選リーグは5チームずつの4グループで行い、
各グループ1位4チームが、決勝トーナメントに出場。
決勝トーナメント 準決勝:7月15日(水) 決 勝:7月19日(日



ページの先頭へ  ベガルタページ   ブランメルトップ