「ふざくんな&のしあがっちゃるけん」キーホルダー

加藤ローサ主演のドラマ「女帝」が終わりました。面白かったですね。やはり水商売のイメージと程遠いローサが演じるというのがミソでしたね。他のそれっぽい女優さんがやったのでは、興味は半減したかな。人気を得るって難しいです。

実の父でかつ総理役の伊原剛志が小泉元首相風なのも、「総理辞任」の最終回のタイトルが、なんともいえないタイミングなのも面白いところでしたが、肝心の実父であることを公表し、演説で感動させるシーンが。。。しらけたな。
本当は、一番泣けるシーンなんだが。ヒョットコとぞうり虫の現実の方が、面白そうだからかな。

ところで12月19日にDVDを出すそうですが、初回の特典として、「ふざくんな&のしあがっちゃるけん」ボイス・キーホルダーが付くそうです。それで加藤ローサさんのボイス付き。

でもこれって、とごゆんな!じゃ、なかとね。。。

原作漫画の表紙もamazonからはっておきます。なかなか雰囲気のある絵ですね。