天皇杯2回戦:対筑波大2-3、ミスで自滅、覇気なし

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

第97回天皇杯 2回戦 6月21日(水)19:00 ベガルタ仙台2-3筑波大学 ユアスタ仙台

クリスラン

梁  匠
(西村)  
中野   菅井
   (蜂須賀)
藤村 奥埜
   (石原)
増嶋 大岩 椎橋
  

サブは、シュミット、平岡、蜂須賀、三田、石原、西村、野沢。筑波大は中野誠也、北川がFW。

開始6分に中央を三苫に簡単に突破され失点。守りを固められシュートすら打てなくなる。31分と後半5分にややラッキーなゴールを中野がきめて逆転するが、ボールをキープできず。すると20分にコーナーで中央どフリーを許し同点とされる。さらに、自陣でのバックパスを奪われ勝ち越し点を三苫に決められ、今年も屈辱の初戦敗退。

残念ながら、スピードだけでなく、技術や判断力で、大学生に上回られている選手がいた。相当に、これからがんばらないと、今後が厳しいのではないか。

練習から、和気藹々ばかりでなく、厳しく求めあうことが、今更ながら必要なのだろう。2年連続のこの結果は。

経過は、しばし待たれい。