2012J1アーカイブ

  1. 最終節:対FC東京2-6、大敗。悲しい週末も終末ではなく
  2. 33節対新潟0-1、走り負け完敗。ベガルタは2位が確定。広島が優勝
  3. 32節対鹿島3-3、2点差詰められドローも、広島とは勝ち点差1に縮まる
  4. 31節対C大阪1-1、90分菅井のヘッドで残った
  5. 30節対磐田1-1惜しいドローも、広島を追走
  6. 29節対浦和3-2、粘りの守備、FWの決定力で激闘制す
  7. 28節対G大阪2-1後半、梁、中原で勝ち切る。赤嶺好アシスト
  8. 27節対清水1-3、菅井先制ヘッドも、後半鎌田退場、逆転許す。
  9. 26節対神戸2-1、終了間際、「鎌田サイクル」逆転弾で勝ち点3
  10. 25節対広島1-2、赤嶺の同点弾も競り負ける